読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep breathing

まったりとした気持ちで。つづけよう。エビとサカナとときどきガーデニング

水槽のその後

アクアリウム

f:id:Keito4:20160919084805j:plain

苔は出ていますが、だんだんとカタチになってきました。

タンクメイト(言ってみたかった)は、散々迷ったあげくボララス・ウロフタルモイデスにしました。

写真では地味な魚に見えますが、実際はオレンジとネイビーの線が入っていてきれいなんですよ〜! W36cm水槽に20匹入れるのは多いかなと思ったのですが、体長2cmくらいの魚なので、ちょうど良く感じます。

あとは、タイガーオトシンも入れています。生育が難しいらしいので、毎日生きているかチェックすることが日課になりました^^;  なんとか1ヶ月は生きてくれているのでひとまず安心ですが、今後もドキドキです。

 

以上、水槽報告でした!

外掛けフィルターでも

アクアリウム

CO2を添加して適度な光を与えれば、水草に気泡がつきますよ

f:id:Keito4:20160827120012j:plain

f:id:Keito4:20160827120455j:plain

コケがでないように、メンテナンスフィッシュを連れてきます〜

透明よりグレー

アクアリウム

のチューブの方が、水の中では目立たないと思う今日この頃。

立ち上げから5日目の水槽です。

f:id:Keito4:20160825073019j:plain

ちょっと写真の腕が悪くて水草の色鮮やかさを再現できていません。その前に白濁りと下手くそ水景ですみません(^^;)

今回はどんな水景にしようかなと思って、Googleで「Dutch planted aquarium」で画像検索してみると、すんごくきれいな写真ばかり。ネイチャーアクアリウムも好きですが、ダッチアクアリウムも素晴らしい〜。とはいっても自分の腕ではこうはいかないので、こんな水景になりました。

RO水で水草を育てていますが、今のところはぐんぐん成長しています。特に寝る前と朝起きて見てみたときの水草の伸びがすごいです。夜に成長してるんでしょうか??

そして、立ち上げ4日目にADAのパックチェッカーでアンモニウム(写真右)と亜硝酸(写真左)の濃度を検査してみました。これを見る限り、アンモニウムも検出されているようなのでまだまだ生体はいれられそうにありません。

f:id:Keito4:20160822193924j:plain

そして、立ち上げ1週間目の水質がこちら。アンモニウム濃度(写真右)は、前回の検査より下がったようですが、相変わらず亜硝酸濃度(写真左)は非常に危険そうなどぎついピンク。う〜ん怖い(^^;)

f:id:Keito4:20160825195506j:plain

飼いたい魚が決まったので、早く水槽に入れたいですが我慢我慢です。

水草水槽立ち上げました

アクアリウム

前回の記事から色々と考えが変わって失敗もありながら、ようやく水槽をセッテイングしましたよ。

今回の環境は、

水草 : ロタラ ワイナード、ニードルリーフ ルドヴィジア、ミリオフィラム ガイアナドワーフ、スタロウギネ レペンス

◉ 水槽 : キューブガーデン W36cm

◉ 濾過 : GEX パワーフィルター

◉ 照明 : EcoTech Marine XR15 Fresh water

浄水器 : マーフィード エキスパートマリンZ 50

とこんな感じです。

まず、前回の記事でフィルターいらないや〜と言っていた件、水槽内の水を循環させるだけでいいやと思い、海水水槽向けの水流ポンプを購入しました。サンゴには適度な水流が必要なようで、自然界の流れを再現するような高機能の水流ポンプが様々開発されています。これを淡水水槽に使ってみようと思い、TUNZEというメーカーのnanostream 6040というポンプを買ってみましたが、さすがに36cmの小型水槽ではソイルが巻き上がってしまい、試みは一瞬で失敗に終わりました(汗)2万円がーorz

それで結局GEXの外掛けフィルターにしましたが、これが音も静かだしエアレーション機能もついてるしでなかなか良い代物でした。これを使われている方で、モーター音がうるさいと感じてたら、何度か電源を抜き差しするとインペラの位置がいい具合になって、音が静かになりますよ。

 

そして、ライトに関しても、アクアスカイを新たに購入しました。しかし、ADAが最近発売した水草や魚の色がきれいに映えるソーラーRGBという照明の色鮮やかさを見て、照明の演色性がモチベーションにも関わるんじゃないかと感じ、EcoTech Marineという主に海水水槽向けの商品を開発しているメーカーが発売した、淡水水槽用のXR15 FWという照明を購入しました。これが大正解で、水草がかなりきれいに見えて満足です。しかも、こんな風↓に照明の強さや色などを柔軟に設定できるんです。今の所点灯時間は、10時間に設定しています。淡水水槽向けの商品も海水水槽向けのもののように、充実してくれるといいんですけど。

f:id:Keito4:20160822000420p:plain

ただ、この商品のアームは結構ごつくて、水槽の一部をパリンと割ってしまいました(涙)

 

最後に、ついにRO浄水器を購入してしまいました〜(><) RO水と捨て水の割合を1:1にして、アクアギークTDSメータでTDSを計測してみたら、 6ppm! 水道水が70ppmくらいなので、かなり優秀です。立ち上げ4日目ですが、まだ茶ゴケが出ていません。これからでしょうか??

 

とまあ、色々と失敗しながらようやく立ち上げることができたので、今度は生体を入れるのが楽しみです。

 

アクアリウム再開ー!

アクアリウム お知らせ

引っ越し等でアクアリウムを中断していましたが、落ち着いたので再開のための準備をしています。

キューブキャビネットを取り寄せていたりするので、今月中にできるかはわかりませんが、これから記事にしていこうと思います!

構想としては、

◉ 水槽

  36cm幅のキューブガーデン

◉ 照明

  アクアスカイ 361 (本当は演色性がいい方がいいけど•••)

◉ フィルター

  フィルターはなしで、サンゴ用のプロペラがついた水流ポンプみたいなものを使おうと思っています。というのも、先日訪れたアクアリウムショップで、フィルターを使わずにテトラの外掛け式フィルターについている小さいポンプだけで維持している水槽をいくつか見かけたからです。そもそもは、管理が楽な外掛け式フィルターを使おうと思っていましたが、そんな小さいフィルターを使う意味ってないのかもとも思ったからです。水を循環させさえすれば、フィルターなしでソイル等にいるバクテリアの力でなんとかなったりするのではないかという淡い期待です。。。

◉ 生体

  レッドビーシュリンプ、小型熱帯魚(迷っています)

このような感じで経費を抑えながらシンプルで長期維持できるような水景を目指したいと思います。