読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep breathing

まったりとした気持ちで。つづけよう。エビとサカナとときどきガーデニング

カクレクマノミを飼いたい

10月に書いた 次は60Fで - Deep breathing で、制作した水景がだんだんとできあがってきました。

細かい経過を綴ろうと思っていたのですが、なかなかうまく写真がとれずに今の今までブログを放置してました・・・ おまけにブログにログインするためのメールアドレスのアカウントも誤って削除していたという・・・

本題に入りますが、60F水槽にキューバパールグラスとエキノドルス・テネルス、ブセファランドラ・クアラクアヤン1を植えました。

f:id:Keito4:20131212200824j:plain

水景を制作して 2か月あまりが経ってようやくキューバパールがここまでふえました。まったく肥料を加えていないのでのんびりしたペースでした。

タンクメイトとして、ディープレッドホタルテトラ13匹とレッドビーシュリンプ10数匹、ヤマトヌマエビ2匹、シマカノコガイ2匹がいます。

エサはディープレッドホタルテトラにだけ、ADAのAP-1プレミアムをあげています。このエサは一見価格が高いように思えますが、内容量が多いので結構お得かもしれません。よく食べていますが、これといって魚の色が良くなったとは感じません。エビは無餌給です!

 

最近は、海水水槽に関心が移り、特にクマノミを飼ってみたくてうずうずしています。また、サンゴは水草の面白さとは別次元であり、形が個性的で色も非常にきれいで、その点も惹かれます。

ただ、海水水槽を準備・維持するにはお金の面も根性も相当いるので、実現はまだまだ先の話になると思います。たとえば、ハードコーラルと区分されるサンゴは、照明のスペクトル分布や水質に非常にこだわる必要があったり、プロテインスキマーと呼ばれる有機物をこしとる機械など必要となったりするようです。また、流木や石の代わりに"ライブロック"という、石灰藻がついた岩を入れて生物ろ過を行うようです。これがまた高価みたい。。。

 

いつか簡単な海水水槽を立ち上げてみたいなあ!