Deep breathing

まったりとした気持ちで。つづけよう。エビとサカナとときどきガーデニング

とっくに晩秋だけれども

秋の夜長には音楽が聞きたくなる。

ってとくに12月になりかけてますけどね・・・

 

普段はB&O playのH3というイヤホンをiPhoneに直接刺して音楽を聴いてます。この状況でもずいぶんと心地よく音楽を聴けるんですが、最近なんとなくポータブルヘッドホンアンプ(略してポタアン)とヘッドホンが気になっていたので入手してみました。

 

まずは、ポタアンです。これはTEACのHA-P50SEというもの。

f:id:Keito4:20151119230027j:plain

端子などはそれぞれこんな感じです。iPhone + Lightningケーブルで使用してます。

f:id:Keito4:20151119230121j:plain

ポタアンの一番良いところはこのボリューム調節のつまみなんじゃないか!?というくらい、微妙な音量調節ができて大満足。

f:id:Keito4:20151119230134j:plain

 

そして、ヘッドホンはPhilipsのFidelio L2BOです。Webのレビュー通り、比較的安価にも関わらず高音質です。見た目もシンプルで好きです。だた、レビューにあるような音の抜けるような開放感や低音は強く感じないかも?? それでも、詰まるような感じはせずに心地よく聞けます。

f:id:Keito4:20151119230153j:plain

家電量販店でオープンまたはセミオープンのヘッドホンをいくつか視聴してみましたが、ゼンハイザーのプリンの色合いをしたヘッドホンは抜きん出た音の開放感と音質ですごかった〜。ただ、プリンのイヤーパッドの素材で痒くなりそうだったので諦めました。

Fidelio L2BOはリケーブルできます。

f:id:Keito4:20151119230226j:plain

ポタアンとTEACのHR Player(48kHzモード)を使ってみてわかったのは、

  • イヤホン(B&O play H3)で聴く上で、ポタアンを使うのと使わないのでは、音質の差が全然分からない!
  • ヘッドホン(Fidelio L2BO)で聴く場合には、ポタアンの効果が少しわかる!

ということです。

イヤホン+ポタアンの場合にポタアンの効果がわからなかったのはなぜだろう^^; そもそもポータブル"ヘッドホン"アンプというくらいだから、インピーダンスの低い(?)イヤホンには必要がなかったのかも・・・

 

ヘッドホン+ポタアンで感じたポタアンの効果というのは、音楽が平面から立体的に聞こえるようになるというものです。どうしてそのように聞こえるかはっきりとはわかりませんが、例えばPopsの場合は、ポタアンによってボーカルと楽器が分離することで、よりボーカルが際立つような感じがしました。また、ピアノ曲の場合はポタアンの有無で明らかに音に差が生じると感じます。 

 

今回初めてヘッドホンを購入してみましたが、イヤホンにはない音の爽快さがあってびっくりしました。大切に使っていこっと。