Deep breathing

まったりとした気持ちで。つづけよう。エビとサカナとときどきガーデニング

暖冬のクレマチスとヒヤシンス

12月もそろそろ終わる頃なのに、屋外はまだ暖かくて庭仕事がしやすいです。けれどもその暖かさゆえにバラ等の植物は休眠していないみたい。

そんな中、10月下旬くらいに植えたクレマチス テッセンに早くもつぼみがつきました! 植え付け時には小さかった幼苗でしたが、すぐにぐんぐんと蔓を出して成長し始め、120cmのオベリスクのてっぺんまであっという間に到達してしまいました。白と紫の独特な雰囲気を持った花が咲くテッセン。早く見たい!

f:id:Keito4:20151229182844j:plain

今年はこのテッセンのほかに、冬咲きのシルホサ系クレマチス ウィズレー クリームとモンタナ系のクレマチス エリザベスも購入しました。クレマチス ウィズレー クリームは最近植えつけたのでまだ動きは確認できていません。

エリザベスの方は、購入時から休眠状態。花はいい香りがするそうなので、春が楽しみです。しかし、モンタナ系の寿命は日本の高温多湿の気候ゆえに5年程度だとか。4年目くらいに挿し木バックアップするとよいとか。う~ん・・・忘れそう(汗)次はいっそのことピエール ドゥ ロンサールにしようかな。

 

そしてこちらは、ヒヤシンス。昨年購入して咲かせていた球根が復活し、芽を出し始めました。ただ、地際なのにもうピンク色の花が咲いている?? こんな位置で咲いて大丈夫なのかい・・・^^;

f:id:Keito4:20151229182845j:plain